Tse Lup factory

Tse Lup Factory

Kabinburi Industrail Zone Layout

 

Tse Lup Factory

Tse Lup は精密金属プレス部品とCNC機械加工製品の製造におけるリーダーシップを実証してきました。何年にもわたる専門知識と技術進歩を背景として、お客様の製品ビジョンを実現できるような特殊性能を装備してきました。これは、今日の世界の設計課題に応えて実現する自信という形に昇華されてきたのです。

Tse Lup は、その能力とお客様満足を武器として、1977年、シンガポールに最初の精密金属プレス工場を設置したのを皮切りにこれまで着実に成長を遂げてきました。1980年代には、すでにシンガポールのMNC(多国籍企業)のとして定着しました。

1992年、マレーシアのジョホールに製造工場を移転させる計画が着手されるようになり、一方でシンガポールの事業を戦略・経営上の本社として維持させることになりました。その後すぐ、1995年にはジョボールのセナイに自社工場用地を確保しました。

シンガポールとマレーシアにてお客様の信頼を勝ち得た後、1998年にはタイのアユタヤに新たな工場を設置しました。その後今日にいたるまで、金属プレスの優れた技能と技術的実績は群を抜くまでに発展し、卓越した実績は群を抜いています。その品質は熟練した専門知識に裏付けられています。 タイで設立されたTse Lup は、新たな収益を生み出す事業を展開するという目的の下、2012年、タイのカビンブリ(Kabinburi)に所有する敷地に新たな工場を建設する計画に着手しました。万事計画通りに進行しており、2013年には、事業拠点がアユタヤ(Ayutthaya)からより広大なカビンブリ(Kabinburi)工場に移転する見通しです。

地域に根差した経験と国際的な顧客サポートに何年も従事してきた実績を武器に、Tse Lup は、適切なインフラに対する投資を通じ、創造力を実現させるべき次世代開発という課題に取り組み、未来の技術進展を可能とすべき、次なる段階に移行しようとしています。


現在、Tse Lup Technology(タイ)社では金型の設計や製作、金属プレス、CNC機械加工およびその他の二次的仕上げ加工を提供しております。


Tse Lup はタイ王国投資委員会(BOI)登録企業であり、ISO品質管理の認定を取得しており、自動車、オーディオ&ビジュアル機器、カメラ、コンピュータ周辺機器、電源装置、衛生設備およびその他の専門精密機器産業の多様かつ国際的なお客様に製品やサービスをご提供しております。